保育士の給料をアップさせる2つの方法

###Site Name###

保育士は子どもの成長に関わる、重要でやりがいのあるお仕事です。
その反面、勤務時間やお給料が冷遇されている、という声を耳にすることも少なくありません。

実際に保育士として勤務されている方に、仕事のお悩みについてアンケートを実施すると、待遇面での悩みは上位に挙がります。
現在の保育士のお給料は、一般的な初任給で平均16~17万円となっています。



こちらが額面のため、正規職員の方は厚生年金や保険料が2~3万円ほど徴収されますので、手取りでは13~14万円くらいが相場となります。



社会保険をご自身で払う場合でも、結果として手取り額が変わることはないでしょう。お仕事の責務や、拘束時間などを照らし合わせると、高額な報酬であるとは感じられないかもしれません。

それでは、保育士としてお給料をアップするためにはどんな方法があるのでしょうか。


1つは、公立の保育園で勤めることをおすすめします。



公立と私立、報酬面ではさほどの違いが見られないかもしれませんが、公立では勤続年数に従って、昇給制度を取り入れている保育園があります。

キャリアスタート時は厳しい状況かもしれませんが、自身の成長に伴い、報酬が増えていく喜びを実感することができるでしょう。

公立の保育園は離職率が少なく、掲載された時点で応募が殺到することが予想されます。求人情報を積極的にチェックしてみてください。

待遇アップのもう1つの方法として、福祉事業に力を入れている地域で働く、という選択肢もあります。例えば、神奈川県では、保育士など福祉関連の報酬が高く設定されており、基本給20万円と、平均よりも上位の金額を設定している保育園もあるようです。

お仕事に対して、自分の全ての希望をマッチングすることは難しいかもしれませんが、自身のキャリアプランに合う職場を積極的に探していきましょう。