保育士の採用は増加傾向に

###Site Name###

 少子化の現代において、保育士の需要も子どもの数とともに減少しているのではないかと思われるかもしれませんが、むしろその採用は、近年増加傾向にあります。


その理由としては、働く女性が増えていることがあります。



共働き家庭の増加によって、保育所を利用する子どもの数が増えているのです。

そのため、当然保育士の需要が高まり、採用が増加しています。

また、保育所に限らず、さまざまな保育スタイルが増えていることも要因の一つです。
ベビーシッターや、企業内の保育所、児童福祉施設など職場の種類はさまざまあり、活躍の場は多岐にわたっています。


この仕事は、子どもと毎日を共に過ごす中で、その成長をそばで見守ることができ、やりがいも大きく充実感を感じることができます。また、資格を活かして、結婚しても出産しても続けることができるのも魅力の一つです。

保育士になるには、指定保育士養成施設を卒業するか、試験に合格する必要があります。



試験の場合は、筆記試験と学科試験があり、試験は各都道府県で実施されています。筆記試験の試験科目は9教科、マークシート式で、各科目6割以上を得点すると合格となります。

ただ、この試験のメリットは、各科目の合格が3年間有効だということです。

これによって、3年かけて9教科を合格して資格を取得することも可能となります。今後もその採用が高まっていくと考えられている保育士。

保育士の求人の専門技術を身につけましょう。

社会的にもその活躍が大いに期待されています。